railsでカラムを追加する時に必要な作業まとめ

CODE
のり
のり

railsでカラムを追加するときって、どんな作業やるんだっけ?

こんな質問に答えます。

マイグレーションでカラムを追加する

$ rails g migration Addカラム名Toテーブル名 カラム名:データ型

このように書くことで以下のようなマイグレーションファイルが自動で作成されます。

class Addカラム名Toテーブル名 < ActiveRecord::Migration[5.2]
  def change
    add_column :テーブル名, :カラム名, :データ型
  end
end

続いて、新規作成の時と同じくマイグレーションを実行します。

$ rails db:migrate

これでテーブルにカラムが追加され、モデルでもカラムを使用できるようになります。

カラムが追加されたことによる作業

データの追加

railsコンソールでカラムにデータを追加しましょう。

$ rails c

例えば、ユーザーテーブルに年齢カラム(age)を追加したら、以下のようにします。

> user = User.find(1)
> user.age = '30'
> user.save

これで、データの追加は完了です。

Model

バリデーションが必要な場合は追加しましょう。

Router

ページが増える場合は追記しましょう。

ControllerとView

表示系の箇所に追記が必要です。

<%= @user.age %>

最後に

いかがでしたか?

少しでも役に立てたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました