チェンマイでデジタルノマドする前に知っておくべきこと

LIFE
のり
デジタル
ノマドが
気になる
のり

チェンマイってデジタルノマド界隈で聖地とか言われてるみたいで気になる。一度行ってみたいけど、どうすればいいんだろう?

こういった疑問に答えたいと思います!

チェンマイってどんなところ?

まずは、地理情報から。チェンマイはタイの北部最大の都市で、タイの第二の都市とも呼ばれています。面積は152.4k㎡、人口は約243,000人程です。地図で見るとわかりますが、四角い堀が旧市街となっていて、その北西側にノマドワーカーが特に多いニマンヘミンエリアがあります。

次に物価です。タイの物価は一般的に安いと言われていて、日本と比べると食費・通信費・ 光熱費は3分の1~5分の1程度だそうです。1バーツ=約3.5円(2019年7月4日時点)が大まかなレートなので、日本円に換算するには3.5倍すればいいことになります。

最後に治安は比較的良いみたいですが、一点、タイでは野良犬や野良猫などが多く、触ると病気になる可能性があります。また、野良犬はたまに襲ってきたりするので、人通りの少ない道で一人で歩くのはあまりしないほうが良いと思います。

長期滞在するには、コンドミニアムかAirbnb!

チェンマイは物価が安いと言いましたが、宿も安いです!1週間くらい滞在するのであれば、Airbnbで1万円前後で泊まれますし、もっと長期の滞在をする場合は、1ヶ月2万〜5万円でジム、プール付きのコンドミニアムを借りることも出来ます!

ホテルやゲストハウスという手段もありますが、ホテルは一番値段が高くついてしまいますし、ゲストハウスはプライベート空間がないので、私は滞在する日数に合わせてコンドミニアムかAirbnbをオススメします。

現地の決済手段は?両替はどこがいいの?

私は、旅行はクレジットカードをメインに使うのですが、タイで使えるところってどれくらいあるのか気になりますよね。基本的に、ホテルや免税店、高級レストランではクレジットカートが使えるみたいですが、スーパーマーケットや小さな土産店などにはまだ普及してないようです。コンビニも少額のクレジットカード決済はやっていませんでした。(300バーツ以上で利用可能)

そうなると、現金が必要になりますが、どこで換金するのがいいのでしょうか。日本円をバーツに両替するなら、だんぜん現地の方がお得です。とはいえ、タイに入国してすぐは空港で少額を両替しておきましょう。トランジットでバンコクのドンムアン空港経由するので、ドンムアン空港で少しだけ両替して、現地に向かうことにしています。

現地についたら、旧市街地近くにあるSuper Exchangeが高レートでオススメです。

Wifi、電源とかはどうなっているの?

もし、ノマドをメインでするのであればカフェやコワーキングスペース、宿には大抵Wifiと電源があります!しかも嬉しいことに、日本のコンセントがそのまま使えます!そんな環境だからこそ、チェンマイがノマドの聖地と呼ばれるのでしょう。

中でもおすすめの場所は、ニマンヘミンエリアにあるCAMPというコワーキングスペース。気兼ねなく長居できる雰囲気も魅力的ですし、24時間営業なので、夜型人間の人も集中して作業ができます。

コーヒー1杯につき、2時間のWifiチケットが貰えますが、2時間だと短いですよね。そんな時には、AISのSIMカードを購入すれば、AISのホットスポットが使い放題になります!現地に着いたら絶対に購入したほうがいいです!

他にも24時間営業のカフェもあるので、色々と試してみるのが良いかと思います。

最後に

いかがでしたか?

これからチェンマイでデジタルノマドライフを満喫してやるぞという人の役に立てたら何よりです!ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました